Beauty Column
− beauty tips

beauty tips

気付いてますか?あなたの『エイジングサイン』- そもそもエイジングケア*とは?

エイジングケア*なんて、まだまだ先の話……誰もがそう思いたいところですが早い人では20代前半からエイジングサインが出るケースも少なくありません。最近よく耳にするエイジングケア*とは何か考えていきましょう。

beauty tips

加齢や外的要因により、肌のハリ・ツヤが失われてきた、シミが濃くなった、細かいシワが増えた、ほうれい線が気になりだした、フェイスラインがぼやけてきた、口角が下がった、毛穴がたるんできた、キメが粗くなった等々が『エイジングサイン』と呼ばれるものです。
これらの主な原因は、新陳代謝が衰えて肌のターンオーバーが乱れたことや、肌を支えているコラーゲンやエラスチンが劣化したために起こると考えられています。年齢を重ねても若々しい肌を保つために、どのようなケアが効果的なのでしょうか。

Point.1
正しいスキンケア

正しいスキンケア

毎日のお手入れが大事なことは言うまでもありません。朝晩しっかり洗顔をして、まっさらな肌に栄養を与えることがエイジングケア*の第一歩です。やっているようでも、皮脂やメイク汚れが残っていたり、美容液やクリームを推奨使用量使っていなかったりすると、せっかくのスキンケアの効果も半減してしまいます。お手入れが自己流になっていないか、アイテムごとにメーカー推奨のタイミング・量・使い方をもう一度見直してみましょう。「朝は洗顔しない」「夏はクリームをつけない」などの、オリジナルのルールも乾燥や毛穴詰まりを進行させる原因になっている可能性があるので注意しましょう。

    [Check]
  • 洗顔料はしっかり泡立てる。ゴシゴシ洗いは避ける。
  • タオルドライはやさしく、顔を擦らない。
  • 化粧水を強くはたき込まない。たっぷりの量で肌の上を滑らせるように広げる。
  • クリームや美容液は肌を引っ張りながらのばさない。手のひらでやさしく包み込むように塗布する。
  • 肌の状態にあった化粧品を選ぶ。
正しいスキンケア

Point.2
毎日の紫外線ケア

毎日の紫外線ケア

肌の老化には「自然老化」と「光老化」の2種類があり、光老化が80%以上を占めているという説もあるほど、紫外線が肌に与えるダメージは深刻と考えられています。春夏はもちろんのこと、年間を通して紫外線から肌を守ることは、大切なケアのひとつです。とはいえ、日常生活を送っていれば、少なからず日光を浴びることは避けられませんよね。そこで日焼け後の保湿が重要。紫外線からダメージを受けた肌は乾燥が進行します。肌が乾燥するとターンオーバーの乱れ、肌トラブルに発展する可能性が高くなります。つまり、年間を通して保湿をすることがエイジングケア*の要になります。

    [Check]
  • 曇りの日でも、室内でも、冬でも日焼け止めを塗る。
  • 2〜3時間に一度は塗り直す。
  • シーンに合った日焼け止めを選ぶ。
  • 紫外線を浴びた日は、保湿重視のお手入れを心掛ける。
毎日の紫外線ケア

Point.3
食生活の見直し

食生活の見直し

外側からのケアはもちろんですが、内側からキレイを目指すことも肌にとって重要な要素です。ジャンクフードや加工食品、高温調理した揚げ物は避けて、栄養のバランスよく、決まった時間に食事をする事を心がけましょう。また、過度なダイエットをきっかけに肌トラブルを招く事があります。スリムになっても肌がボロボロではせっかくの努力も後悔の元に。カロリー制限をしてもなるべくたくさんの食品を取り入れて、ビタミン・ミネラルのバランスを意識しましょう。頭でわかっていても健康のために食習慣を改めるのは難しいですが、手始めに簡単にできることから取り組んでみませんか?

    [Check]
  • 食事は腹八分目までにする。
  • ゆっくりとよく噛んで食べる。
  • 発酵食品を意識して摂る。
  • 赤、黄色、橙、緑、紫、白、黒…なるべく多くの色の食品を摂る。
食生活の見直し

Point.4
質の良い睡眠

質の良い睡眠

睡眠と美容は切っても切れない関係にあります。その理由のひとつは、肌のターンオーバーが寝ている間にもっとも活性化するから。ノンレム睡眠(深い睡眠)のときに分泌される「成長ホルモン」は、肌のターンオーバーを促す作用があると言われています。つまり、睡眠は肌の新陳代謝を促し、日中に浴びた紫外線や外気等のダメージを修復する働きをしてくれるのです。また、睡眠中に脳から出るメラトニンは、成長ホルモンの分泌を促します。メラトニンには体の中を錆びつかせない抗酸化力があり、その効果はビタミンCやビタミンE以上ともいわれています。睡眠の質を高めるには、さまざまな方法がありますが、光による刺激が入眠を妨げることを覚えておきましょう。眠る直前までスマホを見るのはやめるのが、エイジングケア*として正解です。

    [Check]
  • 規則正しい時間に寝て起きる。起きたら朝日を浴びるようにする。
  • パジャマ、枕、マットレスなど、寝具を見直す。
  • 日中に適度な運動をする。
  • 寝室を真っ暗にして眠るようにする。


*年齢に応じたお手入れ

質の良い睡眠